名古屋インディーズレーベル<TRUST RECORDS>綿谷剛氏が語る、バンドとの良好な関係性 ライブハウス支援への思いも

 バンドシーンを引っ張り、ライブハウスの“今”を担う気鋭のレーベルを取材する連載「次世代レーベルマップ」。第3回は、ライブハウス支援プロジェクト「For Our Live Houses」を発足した名古屋の名門レーベル<TRUST RECORDS>の綿谷剛氏を迎えた。「For Our Live Houses」は、レーベルコンピレーションアルバムや、東海地区のアーティストを収録したコンピレーションアルバムを各ライブハウスへ無償提供し、その売り上げを運営費に充ててもらうというものだ。レーベルを率いる綿谷氏にメールインタビューを行い、今回のライブハウス支援プロジェクトへの思いからレーベル設立の経緯までを聞いた。(編集部) この暗い期間を楽しく乗り越える  名古屋で5店舗のライブハウスを経営する<TRUST RECORDS>。支援企画「For Our Live Houses」始動の経緯について、「弊...

unsplash-logoLilith Redmoon